バッハの森活動日記

バッハの森の活動やお知らせを掲載しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

教会音楽ワークショップ 2013/9/21-22

2013年秋のシーズンがいよいよ始まりました。
そのスタートとして、恒例のワークショップが開かれました。
ワークショップ 2013/9

バッハの森のワークショップでは、そのシーズンに取り扱う曲目の理解を深めるため、
曲を歌うだけではなく、そのテキストや関連するオルガン曲を総合的に学びます。

また、そのオルガン曲を課題として、宮本とも子さんを講師としたオルガン個人レッスンも開かれています。

いつものクワイアメンバーに加え、今回は2名の方がオルガン個人レッスン(もちろん合唱にも)参加してくださいました。
ワークショップ風景 2013/9

今シーズンの主題曲はJ.S.バッハのカンタータ“Christum wir sollen loben schon”です。
ワークショップでは、カンタータと、そのもとになっているM.ルターのコラールを集中的に学びました。

8分音符の動きが難しいカンタータですが、クリスマスコンサートでの出来をお楽しみに。

バッハの森:別所
スポンサーサイト
  1. 2013/10/06(日) 17:05:40|
  2. ワークショップ

教会音楽ワークショップ 2013/5/3-4

2013年5月3,4,5日の3日間のワークショップが終了しました。

毎日、14~16名の参加者があり、大変内容のある興味深いワークショップになりました。
最終日には、オルガン講師である宮本とも子さんのミニ・オルガンコンサートがありました。
主催者・石田友雄先生の密度の高い解説と、クワイアによるコラール斉唱つきです。
聴衆の皆様、楽しんでいただけたでしょうか?

それでは、ワークショップの様子をちょっとだけご紹介します。

石田先生によるクラヴィアユーブングⅢの解説。
解説の様子

オルガンレッスンの風景。オルガニストの講師がストップの選択やアーティキュレーションを指示すると、受講生の演奏がどんどん変わっていきます。聞いているだけでもエキサイティングですね。
オルガンレッスン

合唱セクションの様子。
コラール斉唱の練習と、カンタータの音とりが中心です。
合唱セクション

練習の合間にはお茶の時間が。
メンバー手作りのお菓子が並びます。
ティータイム

最終日には、ミニコンサートがありました。
プログラムはクラヴィーアユーブングⅢからの抜粋です。
コンサートのプログラム 満員御礼
オルガンレッスンを聴講してからコンサートを聴くと、曲の内容がよくわかります。
プレリュードが「父なる神」「子なる神」「聖霊」という三位一体の神をどう表現しているのか理解して音楽を聴くと面白い!

バッハの森では、今シーズン以降、クラヴィーアユーブングⅢに含まれているコラール(教理問答歌)とそれに関係するカンタータを中心に取り組んでいく予定です。
興味のある方はぜひ参加してください。

文:バッハの森 別所
  1. 2013/05/06(月) 16:38:26|
  2. ワークショップ

プロフィール

バッハの森

Author:バッハの森
バッハの森ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

活動報告 (5)
クワイア (0)
JSB (0)
ワークショップ (2)
コンサート (2)
お知らせ (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。